個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

法人カードの定番「JCBカード」の「JCBゴールド法人カード」を解説!

【JCB法人カード】特徴やおススメを解説!

公開日:2019年01月23日
最終更新日:2019年09月04日
817 views

JCBブランドの法人カードは、プロパーカードのほかに提携カードなど種類多くあります。JCBで法人カードを作ろうと考えている方には、どれにしたらよいか迷うところです。そこで、めりっと・デメリットなど特徴を解説し、おススメのカードを紹介します。

JCB法人カードの種類

JCB法人カードにはプロパーのほかに、楽天カードやライフカード、ANAやガソリン系の提携カードがあります。

JCB法人カードのメリット

ポイントなどのサービスが充実しています。法人での利用シーンの多い優待店が多くありますので、経費でも使いやすいでしょう。

JCBオリジナルシリーズパートナー

ポイントの還元率が高い優待店です。

  • スターバックス 5倍(還元率2.5%)
  • Amazon.co.jp 3倍(還元率1.5%)
  • セブンイレブン 3倍(還元率1.5%)
  • 一休.comレストラン 3倍(還元率1.5%)
  • 昭和シェル石油 2倍(還元率1.0%)
  • エッソ・モービル・ゼネラル 2倍(還元率1.0%)

JCBスターメンバーズ

集計期間中の理容合計金額によって、ポイント還元率がアップするサービスです。

  • 年間50万円以上利用で還元率が1.2倍(0.60%)
  • 年間100万円以上利用で還元率が1.5倍(0.75%)になります。

海外利用はポイント2倍

海外でカードを利用するとポイントが2倍(還元率1.0%)です。

貯まったポイントは商品交換のほかに、提携ポイントに移行やマイルに移行、旅行代金に充てる、ギフトカードや商品券と交換などできます。

ETCカードやガソリンカードの充実

  • ETC機能が付帯されている、ETC/JCB法人カード
  • ガソリン代がお得になる、エッソ・モービル・ゼネラルコーポレートカード

などETCカードやガソリンカードのラインナップが豊富です。

また追加で発行できるほうじんETCカードは、年会費永年無料で複数枚発行が可能となっています。

JCB法人カードのデメリット

VISAやMasterCardに比べると加盟店が少ないので、海外では使えないところが多くなります。

海外出張など海外に行く機会が多い経営者には、使い勝手はよくないと言えるでしょう。

おススメのJCB法人カード

先に紹介した、JCBオリジナルシリーズパートナーやJCBスターメンバーズはお得なサービスです。この二つのサービスを活用できる法人カードは、プロパーカードとなります。

JCB法人カードには3つのランクがあり、一般カード・ゴールドカード・プラチナカードです。

そのほかに、キャッシュバック型のJCBビジネスプラス法人カードがあります。こちらは、一般カードゴールドカードの2つ。

キャッシュバック型なので、ポイント倍増の特典はありません。

国内をメインに使うことが多い方には非常におススメのカードです。海外に行く機会の多い方は、海外では使い勝手があまりよくないと言えるので、そのあたりも考慮した上で選択するといいでしょう。

JCB法人カードの詳細はこちらから

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます