個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

【ラグジュアリーカード】の審査基準を考えてみる。【ラグジュアリーカード】の年収審査は?審査で通りやすい職業は?

【ラグジュアリーカード】の審査基準を考えてみる。【ラグジュアリーカード】の年収審査は?審査で通りやすい職業は?

公開日:2018年03月22日
最終更新日:2018年04月23日
3355 views

LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)】についてカードが金属製であったりサービス内容を解説してきましたが、審査基準を考えてみたい。審査基準について考えてみたい、としているのは、【LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)】の審査基準はほぼ存在しないに等しいので、実際にラグジュアリーカードを持っている人がどんな人だったかも含めて解説します。

ラグジュアリーカード審査基準について

一応、LUXURY CARD(ラグジュアリーカード)について簡単に説明すると、3種類のグレードがあり、【Mastercard Titanium Card(チタン)】、【Mastercard Black Card(ブラック)】【Mastercard Gold Card(ゴールド)】があり、グレードは【Titanium】【Black】【Gold】の順。特徴は何といってもカードが金属製

ラグジュアリーカード ブラック
ラグジュアリーカード チタン

今回、この2枚のカードの審査基準について考えてみたいと思います。あ、【Mastercard Gold Card】についての審査基準は招待(インビテーション)制となっているのでそもそも申し込みが行えないので、ここでは割愛します。

新生銀行のサイト上の審査についての記載

ラグジュアリーカードのオフィシャルパートナーである新生銀行のサイトには下記の記載があります。引用元

  • 20歳未満の方および、学生の方はお申し込みいただけません。
  • クレジットカードのご入会に際しましては、所定の審査がございます。
  • 新生銀行でカード会員向けのキャンペーン・プログラムを実施している場合、クレジットカード審査結果によっては、ご参加いただけない可能性があります。あらかじめご了承ください。
  • 審査にはお時間を要しますので、お時間に余裕を持ってお申し込みください。

一般的なクレジットカードのお申し込みより、かなりざっくりした内容に感じます。

ラグジュアリーカードを持っている人

ラグジュアリーカード3種

知人の中に、何人か持っている人がいるのですが、LUXURY CARD Black(ラグジュアリーカード ブラック)を持っている人、LUXURY CARD Titanium(ラグジュアリーカード チタン)を持っている人からお話を聞けた方を紹介します。

LUXURY CARD Black(ラグジュアリーカード ブラック)を持っている人

どんな方かというと元々、大手芸能プロダクションの社員(誰もが知っている大手プロダクション)から独立したといってもそのプロダクションの系列の社長です。

いわゆる富裕層ですね。持った経緯としては人づてに紹介され、持っているだけで多くのサービスを受けられるところが魅力的で、申し込みから審査通過で所持者になったそうです。

社長だけあって、審査もそれほど気にならずに通過したそうです。

LUXURY CARD Titanium(ラグジュアリーカード チタン)を持っている人

この方は、会社員でありながらLUXURY CARD Titanium(ラグジュアリーカード チタン)の所有者、接待や様々なシーンで活用されている様子。申し込みも通常通り申し込みを行い、所有者に。

年齢は30代半ば、ネットの情報では年収が700万以上の必要があったり、と言われますが、本人曰く600万程度とのこと。知人の中でラグジュアリーカードを持っている人の中では年収のはやや低め。詳しい職業については聞けませんでしたが、審査期間が妙に長かったりしたわけではなかったとのことです。

ラグジュアリーカードの関連記事

ラグジュアリーカードを持つための審査職業予想

上記から年収は600万くらいの方で職業別に発行の可能性を一覧にしてみました(あくまでも予想です)。

職業 発行の可能性 職業 発行の可能性
正社員 高め 派遣社員 難しい
公務員 高め 団体職員 高め
中小企業の経営者 高め 会社役員 高め
個人事業主 微妙 自由業 微妙
士業 高め 年金生活者 微妙
大学生 難しい アルバイト 難しい
アルバイト 難しい パート主婦 難しい
専業主婦 難しい 無職 難しい

サービス内容から年収はもちろん、サービス内容を有効利用できそうなユーザー層をターゲットにしていると予想しています。

そして何よりかも信用力が重要と考えます。いくら年収1,000万円以上ある方でも、他のクレジットカードの返済が滞っていたり、消費者金融や銀行ローンからの借入がある場合には審査通過は難しいと思われます。

審査の基準が甘くなっているかも?申し込みは今がチャンス?

ラグジュアリーカードが日本国内で発行が開始されたのは2016年10月。それから約1年半が経過しています。おそらくですが、もともとクレジットカードに詳しくて、ラグジュアリーカードのサービスの充実さをあらかじめ入手していたエバンジェリスト・ユーザ(最初の顧客)はもう枯渇しているとみていいでしょう。

しかし、ラグジュアリーカードではサービスを開始した以上は、なんとしてもユーザーを増やしていかなくてはならないと思われます。それであればラグジュアリーカード側では多少の審査を甘くしてもユーザーを増やしにくるのは、当たり前なところ…

実際にそんな話はあくまでも、当サイトの見解であるため、そんなことはないかもしれないが、時期的にみてもチャンスではないでしょうか。

ラグジュアリーカード ブラック
ラグジュアリーカード チタン

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます