個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

【MUFGカード】プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを解説!

公開日:2019年06月12日
最終更新日:2019年07月08日
279 views

三菱UFJニコスの法人カード・MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。法人のプラチナカードでありながら、年会費は手頃でお得感が高いカードです。

アメックスはステータス性が高いことで知られています。三菱UFJニコスが発行していますが、アメックスの法人カードなのでその名にふさわしいサービス内容です。

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの基本情報

対象:個人事業主・法人

年会費:20,000円(税別)

追加カード:3,000円(税別)

還元率0.5%0.75%

ETCカード年会費:無料

ETCカード枚数制限:複数枚発行可能

限度額:100500万円

国際ブランド:アメリカン・エキスプレス

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴

1 年会費20,000円はお得

プラチナ法人カードは色々ありますが、その中でもMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費20,000円と安く設定されています。

例を挙げると、JCBプラチナ法人カードは30,000円、三井住友ビジネスプラチナカードは50,000円です。

また追加カードの発行が無制限に可能。役員や社員用にカードを持たせる際、制限がないのは便利です。追加カードの年会費は1枚につき3,000円とこちらも非常に安く設定されています。

2 法人ETCカードの発行無料

ETCカードは、深夜割引や休日割引の特典があり、ビジネスで車を使う場合法人ETCカードは必須です。この特典は3050%引きにもなるので、経費削減につながります。

この法人ETCカードは手数料や年会費無料。追加カード発行枚数分だけETCカードの発行も可能です。

3 利用限度額の上限は500万円

プラチナ法人カードの中では低い限度額の設定です。その点だけをみるとマイナスと言えます。一般的にプラチナ法人カードは、個別審査で限度額が設定されることが多いため、常識の範囲内で限度額の上限がないことを意味しています。ただ、500万円の限度額でビジネス上困ることはほとんどないでしょう。

4 審査基準が非常に厳しい

個人事業主でも法人でも申請できる、MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。条件は厳しく、「3年以上のビジネス経験があり、2期連続黒字決算の個人事業主または法人」となっています。

つまり会社組織の場合、設立して3期以上経ち、2期連続黒字であること。3年以上ビジネスで継続していて、2期連続黒字である個人事業主や法人は実のところ限られています。そのため非常に審査基準が厳しいと言えるのです。

5 タクシーチケット手配サービス

法人カードの中でも珍しいサービスである、タクシーチケットの手配。MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、無料でタクシーチケットを取り寄せできます。

空港サービスに優れているMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

1 プライオリティ・パスでの空港ラウンジの利用

MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードを持つと、プライオリティ・パスを申し込めます。成田空港や関西国際空港のほか、海外の主要国際空港でプライオリティ・パスを掲示することで、空港ラウンジを利用できます。プライオリティ・パスで入れる空港ラウンジは豪華で、アルコール類を自由に飲んだり、食事をしたりできます。飛行機を待つ時間有意義に過ごせる優れものです。

2 スーツケース宅配サービス無料

海外旅行の際、スーツケースを1個まで空港へ無料で送ることができます。帰りも空港から家まで送ることができます。対象空港は成田国際空港・羽田空港・中部国際空港・関西国際空港です。出発の7日前までに電話して申し込みましょう。

さらにJALを利用して海外へ行く場合は、家から送った手荷物は海外の空港で受け取ることができます。

3 コート無料預かりサービス

冬の時期、東南アジアやオーストラリアなど南半球へ行く時に大変便利なのが、コート無料預かりサービス。サービス期間は121日~331日までです。コートを預かってくれると旅先で余計な荷物を持つことがないので、暖かい国へ行く時は必ず利用したいものです。

4 便利な海外旅行傷害保険

海外旅行傷害保険が最高5,000万円まで自動付帯です。さらに現地で病院にかかることになった場合、キャッシュレス受診できます。カード会社へ連絡し、日本語対応の病院を予約してもらった上で病院にかかりましょう。また旅行代金をMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードで支払った場合は、補償額が最高1億円になります。ケガや病気で入院の補償額は200万円までで、他のプラチナ法人カードよりも低い設定額ですが、基本的には問題ない補償額です。

ポイント還元率アップ

通常は0.5%のポイント還元率です。1,000円の利用で1ポイント付与され、1ポイントは約5円相当の価値があります。MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは前年の利用額に応じてポイント率がアップする制度があり、年間100万円以上の実績があるとポイントアップ率が50%となり、還元率は0.75%です。ただし、MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは初年度からポイントアッププログラムが存在するので、最初から還元率は0.75%となります。なお、海外利用はボーナスポイントが2倍となり、還元率が1.5%と非常に高い還元率です。

1 アニバーサリーポイント

特定の月をアニバーサリーポイント月に指定すると、その指定月はポイントが2倍になります。多く利用する月を指定すると効率よくポイントが貯まります。

2 「Point名人.com」の利用でポイントアップ

Point名人.com」のサイトを経由してネットショッピングをすると、付与されるポイントが225倍にアップするので、こちらを経由して買い物するようにしましょう。

利便性が高いコンシェルジュサービス

ホテルやレストランの予約、航空券の手配などコンシェルジュサービスを通して予約しましょう。予算や宿泊日など伝えれば自動で予約をしてくれます。また割引適応になり、日本未発売の商品を探すこともできます。海外でケガや病気になったときもコンシェルジュデスクに電話をすることで手続きをしてもらえるので、非常に利便性の高いサービスです。

高級レストラン1名分無料サービス

プラチナ・グルメセレクションという、高級レストランに2名以上で予約すると1名分が無料になるサービスです。いつでも何度でも使えるわけではなく、1店舗につき半年に1度の制限があります。年間でこのサービスを2回利用するだけで年会費のもとを取れるほどの価値があります。

年会費2万円でありながら、非常に高いサービスが揃っているMUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。黒字決算の個人事業主や法人の方は申請することをおすすめします。

 

8月31日(土)までに入会いただくと初年度年会費が20,000円から10,000円(税別)と

半額になる特典を受けられます。
MUFGカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードの

申し込みはこちらから

 

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます