個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

【ラグジュアリーカード】法人カードはほんとにおすすめ!

【ラグジュアリーカード】法人カードはほんとにおすすめ!

公開日:2018年02月20日
最終更新日:2018年05月14日
890 views

僕が一押ししている【ラグジュアリーカード】ですがラグジュアリーカードは、2017年11月(昨年)から法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行を開始しました。

僕がワーワーと騒いでいるのはまさしくこちらの法人カードを申し込んだからです。

結局、ラグジュアリーカードって何がすごいの?

じゃあおさらいに。

ラグジュアリーカードとは、国際ブランドであるMastercardの中でも最上級のワールドエリートのクレカであり、世界210カ国以上に4,330万ヶ所以上もあるMastercard加盟店で利用できます。
そうなんです、使えるお店めっちゃあります。

ラグジュアリーカード チタン

この前記事にした【コストコ】もMastercardのみが利用可能です。
【ラグジュアリーカード】Masterブランドで「コストコ」安心決済!

そんなMastercardですが、世界中で幅広く利用できるのが大きなメリットです。
JCB・アメックス・ダイナースクラブは海外での利用時は使えない加盟店も多く、結局サブカードとしてVISAかMastercardを持たざるを得ません。

地球上のあらゆる所で広範に使える圧巻の決済力があります。
一枚で世界中を飛び回れるカードとなります。
僕が知ってる限り海外のとある歴史的名所の入場料や海外の音楽イベントの入場料とか?
※ごめんなさい僕あまり海外行かないから当たり前のことしか…

ちなみにクレジットカードの売上高の世界シェアは、Mastercardが26%で2位となっています(NILSONREPORT2016年4月)。

  • Visa:56%
  • Mastercard:26%
  • UnionPay(銀聯):13%
  • Amex:3%
  • JCB:1%
  • DinersClub/DISCOVER:1%

まあ、人口が非常に多い中国のメインブランド銀聯が13%あることにびっくりwww
日本国内でもWebサービス・アプリでの決済を中心に、Visa/Mastercardのみという店舗も増えてきました。
そんなMastercardブランドですよ。

最上級のビジネスカード「ラグジュアリーカード」が日本に誕生

ラグジュアリーカード チタン

そんなラグジュアリーカードからアメックス・ビジネス・プラチナと並ぶ最上級のビジネスカードが日本に誕生しました!!

個人カードと同じくチタンカードブラックカードは自己申込可能で、ゴールドカードはインビテーション制となっています。

法人口座決済用ラグジュアリーカードは、利用代金の引落し口座が事業用口座となり、事業経費の支払いが可能です。
交際費、雑費、備品の購入などから旅費交通費、会議費、レンタルオフィス代、消耗品費、通信費、新聞購入にいたるまでをラグジュアリーカードで支払えます。

現金払いと比較した場合、事務処理の手間・コスト、振込手数料を削減することができます。実際に現金が引き落とされるのが約1~2ヶ月後となり、キャッシュフローの改善にも役立ちます。

交通費・接待費などの仮払いや従業員による立替払いがなくなり、経費精算業務の合理化が図れます。

支払先への振込手数料の大幅な削減も大きな魅力ですね。
経理の手間が軽減して無駄な間接業務が削減できますし、当たり前ですがカード利用金額に応じてポイントも獲得できます。

経費利用と私的利用との明確な区分けがなされて、「経費の見える化」が可能で経費の管理もしやすくなります。法人口座を登録する場合は、ラグジュアリーカードの券面に会社名を刻印することも可能です。

カードの裏のサイン欄は個人名を記入することになり、お店での利用時にサインが必要な場合は個人の氏名でOKです。
「口座決済用ラグジュアリーカード」という名前になます。引き落とし口座に法人口座、屋号付口座を設定することも勿論可能です。

ただ、一応デメリットを書くと…
金属製クレジットカードだけあって従業員等の追加カードがないです。
通常のプラスチックのクレジットカードでは、従業員用も少し安い年会費若しくは年会費無料で追加カードが作れます。
ラグジュアリーカードはその点個人事業主や法人代表者の本人カードのみとなり、1枚しか発行できません。ETCカードも1枚のみです。
早くプラスチック製でも良いので従業員の追加カードを作って欲しいです。

さてさて、法人を設立したら法人用のクレジットカードの作成をお勧めしますが、ポイントは個人用カードと合算可能なの?ここは重要ですね。

ラグジュアリーカードはポイントサービスも充実

ラグジュアリーカードはカード利用でポイントが貯まります。

個人用カードとビジネスカードの2枚持ちをする場合、原則としてそれぞれのラグジュアリーカードに独自にポイントが貯まっていきます。
しかし、会員デスクに連絡すれば、個人用カードとビジネスカードに貯まったポイントを合算可能です。

会員専用アプリでは「Contact」をタップすると、コンシェルジュの下に連絡先電話番号へのリンクがあります。

電話マークをタップすると自動で発信するので便利です。コンシェルジュに電話しても転送してくれるのでOKです。日祝・年末年始休を除く9時~18時半が会員デスクの営業時間です。

個人用のゴールドカードを持っている方は、ビジネスカードでもゴールドカードを選べます。

ラグジュアリーカード チタン

法人口座決済用ラグジュアリーカードは、ダイナースやアメックスにもない上質のベネフィットを受けることが出来ますよ。
ラグジュアリー・リムジン、ラグジュアリー・アップグレードといったゴージャスなダイニング特典が付帯しています。

その点も超お勧めですよ!!
今回はラグジュアリーカードの法人カード、個人事業主向けのビジネスカードの発行についてでした。

ラグジュアリーカードの関連記事

んじゃばーい

著者の紹介

  • 30代
  • 男性(太り気味)
  • 既婚(子供2人)
  • 現在起業数ヶ月の起業初心者
  • 元IT系の上場企業の中堅社員(出世の見込み薄)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます