個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

【保存版】法人用・ビジネス用のプラチナカードの初歩の初歩からまとめ

【保存版】法人用・ビジネス用のプラチナカードのまとめ

公開日:2018年02月26日
最終更新日:2018年06月25日
511 views

最近、クレジットカードの話ばかりで恐縮です。
今日はとあるサイトさんで最上級カードとして名高いプラチナカードについて良いまとめを見たので調子乗って僕もまとめました。
皆々様がお金持ちと感じるクレジットカードの一般総称は【ゴールドカード】かと思いますがゴールドカードよりもグレートアップ、グレートムタ、グレート義太夫なのが【プラチナカード】です。
その中でも法人用・ビジネス用のプラチナカードをまとめました。

なんでプラチナカードって名前なのか?

プラチナカードはゴールドカードより上のグレードって言うけど何が上なの?という人も多いと思います。
そこで今回はそんなプラチナカードを徹底解説初歩の初歩の部分から。。。

なんでプラチナカードなのか?というと、これはクレジットカードグレードの一つに対する呼び名です。
金属界で言うとプラチナはそのゴールドよりも更に上の金属です。既婚の男性は婚約指輪とか購入時に立ちはだかる壁【プラチナ・・・】。
有名ブランド店でもゴールドの2倍以上プラチナはしますよね。。。
はい、超高級金属の名称です。
ちなみに実際のプラチナカードを色々と見てきましたが、カードの色はプラチナと同じシルバー色www

イメージ。。。こんな感じです。セゾンプラチナカードの場合

セゾンプラチナカード

みんな大好き楽天カード

楽天カード

なお、、、楽天カードってディズニーの券面が出たんですね!!
結構可愛いやん。。。

つまり、残念ながらシルバー(銀)と同じように見えてしまう点がネックではあります。。。
ちなみにプラチナカードが現時点で国内最高峰のクレジットカードランクかといえばそんなことはありません!!!

プラチナの上には「ブラックカード(Black Card)」という名称のランクがもうひとつあるので、プラチナカードはゴールドカードとブラックカードの間だと覚えておくようにしてもらえればと思います。

高いイメージしかないプラチナカードの年会費はどれくらい?

じゃあプラチナカード年会費ですが、これはピンきりです。20,000円程度のプラチナカードもあれば、年会費が150,000円近くしてしまうアメリカン・エキスプレス・プラチナ・カードのようなカードもあります。

  • 年会費が安い(20,000円程度)プラチナカード:サービス内容は少なめ
  • 年会費が高い(50,000円以上)プラチナカード:サービス内容がとにかく多い

安いカードは当然ながら、サービス内容もそれほど充実してはいません。

プラチナカードの入手方法

では、そんなプラチナカードはどうやったら入手できるんでしょうか?
そう!!カード会社に懇願!!いやいや、貴金属屋さんに依頼!!とかではなく。。。

通常の年会費無料カードやゴールドカードのように、自分から申込可能なプラチナカードがあるんです。勿論法人用・ビジネス用のクレジットカードなので、会社の売上とか必要項目を記入して申し込めます。ちなみに、まだ起業していない人は【個人の信用で申し込めるクレジットカードの法人口座】がお勧めです。つまり、前職に在職中に個人の信用で申し込みし、起業後に法人口座として使用できるカードのことです。

おススメのプラチナカード

※それぞれ年会費は税別。
記事の上にも書いてありますが年会費の差はサービスの差です。
また法人用・ビジネス用のクレジットカードの年会費は経費計上できるので、個人のお金ではなく会社のお金として使えるので高いからといって心配する必要はないです。

【インビテーション】と呼ばれる、クレジットカード会社からの招待状が届かないと作れないプラチナカードもあります。
こういったプラチナカードは残念ながら『作りたいっ!』と思っても作れないカード。
一般的に年会費が高めなプラチナカードはどれも、このインビテーションが必須のものばかりとなっていますね。

プラチナカードの主要なサービス

【コンシェルジュサービス】

プラチナカードといえばコンシェルジュサービス…というくらいに、役立つ無料の秘書サービスです。
年会費の安いプラチナカードには付いていないこともありますが、招待制のプラチナカードであれば必ずと言っていいほどついてますね。
なにかの調べ物をしてもらったり、レストランの予約などをお願いするのに便利です。

【ショッピング保険】

プラチナカードを使って買い物をした商品が、購入直後に壊れてしまったり、盗まれてしまったという場合に対応してくれる保険です。適用商品は限られていますが、万が一の時の安心があります。

【ポイント制度の優遇】

プラチナカードの中には、通常のクレジットカードよりもポイントが貯まりやすい制度をもったカードが多く存在します。

【レストランの優待】

高級レストランや料亭といった場所での外食費が安くなるサービスを提供しているプラチナカードも増えてきました(2人で行くと1人分の食事代が無料になるなど)。接待のときとかにワンランク上のコース料理に変更できたり、メリットは非常に多いです。

【医療相談】

病気になった時の相談ダイヤルを用意しているプラチナカードも多くなっています。
ちょっと病気かも?と思うけれども、病院にいく時間がないという場合などに役立つサービスです。
起業直後って結構忙しくて働きすぎちゃうのでオススメです。間違ってもググッちゃだめですよ。。。ネットは悪いことが書かれていて欝になりますよ。

【ホテルの優待】

ホテルに優待価格で宿泊できるサービスもプラチナカードならではですね。疲れた出張、折角のホテルが微妙だと仕事もままならないですね。

【ホテルのアップグレード】

こちらは、予約したホテルで部屋のアップグレードが受けられるサービスです。じつは、この前とある出張でこのサービス受けました。。。非常に嬉しいサービスだと思います。

【国内旅行傷害保険/海外旅行傷害保険】

国内/海外旅行時のトラブルに対応してくれる保険のこと。万が一、飛行機が落ちてしまった場合から、ホテルで水漏れ騒動を起こしてしまった場合まで、幅広く保険がカバーしてくれます。
急病などにも対応しています。プラチナカードの場合にはその多くが、最高額な補償内容になっています。

【航空機遅延保険】

搭乗予定の飛行機が大幅に遅延してしまった場合などの、宿泊費などをカバーしてくれる保険です。飛行機による出張が多い方には便利な保険ですね。

【空港ラウンジ無料利用】

羽田空港や伊丹空港といった、国内主要空港の空港ラウンジが無料利用できるサービスは、プラチナカードであれば必ずといっていいほど付いているサービスです。飛行機の出張が多い方にはこれだけでもお得です。

【プライオリティパス】

日本国内の主要空港だけでなく、仁川国際空港、シャルルドゴール空港、ロサンゼルス国際空港といった海外の主要空港でもビジネスラウンジが使えるプライオリティパスが利用できるプラチナカードは多いです。
無料発行&無料ラウンジ利用ができる場合には、海外出張時の快適さが違いますよ。

【飛行機のアップグレード】

エコノミークラスの飛行機を取得したらビジネスクラスに変更、ビジネスクラスを予約したらファーストクラスに変更されていたといったように、飛行機のアップグレードに対応してくれるプラチナカードもあります。特定航空会社のみですが、利用出来るときはかなりお得です。

何から何まで頼めるコンシェルジュサービス

コンシェルジュサービスとは秘書サービスのようなものです。
飯食いたいけど、おいしい店の情報がないし予約の時間がないとか、音楽のコンサート行きたいけどチケット代わりに手配して!!とか。。。
『来月○日に台湾にいくから、飛行機チケットを取ってよ』とか、『来週、20人で客単3,500円で個室で飲み放題あります?』なんてことを気軽にお願いすることが出来るサービスなのですね。

たぶん起業直後や個人事業主はちょっと忙しくて航空券を取っている暇がないとか、みどりの窓口にいって新幹線切符を購入する余裕がない…といった場合でも、コンシェルジュサービスであれば予約を代行してくれるため便利。
自宅やオフィスといった場所にチケットを郵送してくれるので、自分で出かけて取得をする手間が不要になります。

オススメの法人用・ビジネス用プラチナカード

ラグジュアリーカード ブラック

正確にはプラチナカードに属するクレジットカードではなく、ブラックカードに属するグレードのクレジットカードらしいですが、ラグジュアリーカード(ブラックカード)はとてもおすすめカードの1枚。
こちらはなんとプラスチック製のカードではなく、金属製のクレジットカードなので、保有しているだけで「何だこのカードすごいな!!!」と周りの方に驚かれること間違いなしです

  • 通常のプラチナカード⇒プラスチック製
  • ラグジュアリーカード⇒金属製

もちろんコンシェルジュデスクは利用可能なだけでなく、Luxury Table(ラグジュアリーテーブル)というサービスを利用すれば、食事のあとに自宅までリムジンで無料送迎してもらうことも可能なので、カード名通り、贅沢な時間を手に入れたい方には必携のブラックカードだと言えそうです。
片道タクシーで5,000円の人が月2回1年間このサービスを使えば年会費分Payできます。

三井住友ビジネスカード for Owners(プラチナカード)

インビテーション不要で申し込めるプラチナカードで安心安全の三井住友VISAカードが発行しているので世界中で安心して使えます。海外旅行や出張時に利用で困ることがまずありません。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンカードが発行している、ビジネスマン向けのプラチナカードです。起業した人や個人事業主でなくても作成可能なプラチナカードなので、事業主の方も正社員の方にもオススメできる1枚ですね。
年会費が割安(プラチナでは一番安いはず)、割引サービスなどが充実、プライオリティパス発行やコナミスポーツの優待などなど、今後お金持ちになる社会人に嬉しい特典が多いプラチナカードなので、コストパフォーマンスやサービス性を追求したい方にぴったりだと言えます。

JCB法人プラチナカード

個人の審査で発行されるカードではないですが、個人的に券面画像が重厚感があり好きなカードです。日本が誇る国際ブランドJCB!!個人的にはディズニーのスポンサーだしいいと思います。

プラチナカードの関連記事

以上、法人用・ビジネス用のプラチナカードのまとめでした。ご参考になれば。
また記事を書きますね。。。

著者の紹介

  • 30代
  • 男性(太り気味)
  • 既婚(子供2人)
  • 現在起業数ヶ月の起業初心者
  • 元IT系の上場企業の中堅社員(出世の見込み薄)

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます