個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

JCB法人カード(一般カード)を持っている起業家に聞いてみたメリット・デメリットまとめ

JCB法人カード(一般カード)を持っている起業家に聞いてみたメリット・デメリットまとめ

公開日:2018年03月13日
最終更新日:2018年04月05日
501 views

JCB法人カード(一般カード)は、年会費は1,250円(税別)。メリットとしてJCB法人カードというものの個人事業主も持てるクレジットカードです。また、ETCカードが無料になります。(複数枚発行が可能)。法人カードでありながら「Oki Dokiポイント」が貯まるのもメリットです。また海外での利用で「Oki Dokiポイント」が2倍になるのもおススメしたい特徴の一つです。

JCB法人カード(一般カード)を持っている人の声

先日紹介した起業家の人たちの中にJCB法人カード(一般カード)を持っているメンバーがいたので改めてメリット・デメリットを聞いてみた。

JCB法人カード(一般カード)

一人目:ポイントがたまるのがいい!

ポイントがそこそこ貯まるから気が付いたときに、提携ポイントに変えてそっちで色々使えるのがいい!

二人目:個人事業主でも持てるのが助かる

個人事業主である場合、経費になるものは全てこのカードで払ってわかりやすく会計処理ができる。

三人目:スタバ大好き、スタバでポイントが多めにつくのがいい

スタバでポイントが通常より多めにつくのがいいんですよね。お客様とのMTGとかでスタバでやることが多くてまとめて会計させてもらいます。

それぞれ色んなメリットを感じているようです。では、改めて客観的にJCB法人カードの特徴をおさらいしておきましょう。

JCB法人カードの特徴と年会費

JCB法人カードは、2種類のカード体系が存在しています。今回はJCB法人カード(ポイント型)について紹介します。

JCB法人カード(一般カード)
JCBビジネスプラス法人カード(一般カード)

JCB法人カード年会費は1,250円(税別)。JCBのプロパーカードというステータスと、クレジットカードの利用で、「Oki Dokiポイント」が付くのが大きなメリットです。

JCB法人カードのメリットについて

【公私の区別がつけられる】

会社の必要経費をJCB法人カード(一般カード)で支払うことで、ビジネスとプライベートの区別が明確になります。個人事業主でもそれは変わりません。

事務処理が簡単に

カード明細に支払先や日付や金額が明記されるので経費の計算が楽になりますよね。

ネットの通信費や広告費も簡単に

ネットの通信費(ドメイン費用やサーバー費用)やネット通販での仕入れもJCB法人カードで支払うことで手数料など掛からず、即時決済で楽になりますね。

みんな大好き!ポイントが貯まる

「Oki Dokiポイント」で様々な提携先のポイントに変更できたり、商品と交換ができます。

年会費は経費で

年会費はもちろん「経費」とすることが出来ます。JCB法人カードは個人事業主でも持てるので非常に便利です。

経費なのにポイントがたまる

事業をしていくうえで、経費は必ずと言っていいほど発生します。名刺作成やクリアファイルや数えていくときりがないほど経費は出ていくものです。ポイントは「Oki Dokiポイント」として一般的には1,000円で1ポイントになります。1ポイント=5円相当で還元率は0.5%になります。0.5%といっても先述したとおり、経費は色々掛かるものですので、気が付いたらこんなにポイントが!なんてことも…

パートナー店でクレジットカード払いでポイントUP

JCB法人カードはJCB ORIGINAL SERIESパートナー店では「Oki Dokiポイント」の還元率がアップします。例えばイトーヨーカドーやAmazonなどでは、3倍となりポイント還元率が1.5%にはね上がります。

スターバックスでは、なんと5倍加算でポイント還元率が2.5%となります。取引先との打ち合わせや社内会議をノートパソコン広げて、スターバックスでするものいいですね。

JCB ORIGINAL SERIESパートナーの主な加盟店のポイント還元率

店名 倍率 還元率
Amazon 3倍 1.5%
セブンイレブン 3倍 1.5%
イトーヨーカドー 3倍 1.5%
スターバックス 5倍 2.5%
オリックスレンタカー 6倍 3.0%
ローチケHMV 7倍 3.5%
JCB海外おみやけサービス 10倍 5.0%

迷ってしまうほどうれしい商品と交換する場合の例

JCB法人カードの利用で貯まった「Oki Dokiポイント」は、お買い物の支払いに充当にするのとは別に、様々な商品と交換する事が可能です。その一部のご紹介します。

【アイリスオーヤマ シュレッダー:1,100ポイント】

有名なシュレッダーですよね。これがポイント交換できちゃうんです。

【シャープ 空気清浄機:5,800ポイント】

プラズマクラスターですね!これほしいです。

【iRobot ロボット掃除機ルンバ876】

ルンバ事務所で走らせてたいですね。どこ行ったー?とかいいながらw

ポイントと交換する場合一覧

提携先から選んで提携先のポイントに交換することも可能です。

交換先 必要ポイント 交換先ポイント
楽天Edy 200 600
楽天スーパーポイント 200 800
dポイント(docomo) 200 800
WALEETポイント(au) 200 800
ビックポイント 200 1,000
ビッグネットポイント 200 1,000
nanacoポイント 200 1,000
JTBトラベルポイント 200 1,000
スターバックスチャージ 200 1,000
Tポイント 500 2,000

マイルと交換する場合一覧

JALマイル、ANAマイル、デルタ航空、スカイマイルに交換できます。

交換先 必要ポイント 交換先マイル
JAL 500 1,500
ANA 500 1,500
デルタ航空 500 1,500
ANAスカイコイン 500 1,500

ギフトカード・商品券と交換する場合一覧

ポイント交換は、金券などのギフトカードも可能です。

交換先 必要ポイント 交換先価格
iTunes Card 500 1,500
nanacoカード 550~ 2,000~
スターバックス カード 650 2,000
MOS CARD 650 2,000
ぐるなびギフトカード 650 2,000
全国共通お食事券 ジェフグルメカード 650 2,000
モンテローザグループ お食事&ドリンク券 650 2,000
コメカ(コメダ珈琲店プリペイドカード) 650 2,000
すかいらーくご優待券 650 2,000
KFC CARD 650 2,000
JCBプレモカード 670 3,000
ハーゲンダッツ アイスクリームミニカップギフト券(4枚)  700 2,640
ベルメゾンお買い物券 950 3,000
スターバックスカード 1,400 5,000

JCBギフトカードの場合、還元率が0.48~0.5%となっており、還元率は高めに設定されています。

交換先必要ポイント 交換先価格
JCBギフトカード:1,050 5,000円分
JCBギフトカード:2,050 10,000円分
JCBギフトカード:3,050 15,000円分
JCBギフトカード:4,050 20,000円分
JCBギフトカード:5,050 25,000円分
JCBギフトカード:6,050 30,000円分
JCBギフトカード:7,050 35,000円分
JCBギフトカード:8,050 40,000円分
JCBギフトカード:9,050 45,000円分
JCBギフトカード:10,050 50,000円分

JCB法人カードの関連記事

ポイントチャリティーも可能です

「Oki Dokiポイント」を使用してユニセフやユネスコなどの団体へ寄付が可能です。

  • 公益財団法人 日本ユニセフ協会
  • 公益社団法人 日本ユネスコ協会連盟
  • WWFジャパン(公益財団法人 世界自然保護基金ジャパン)
  • 日本赤十字社
  • 特定非営利活動法人 国連UNHCR協会
  • 国連WFP
  • 特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
  • 特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン
  • Present Tree(認定NPO法人 環境リレーションズ研究所)
  • 公益社団法人 日本臓器移植ネットワーク
  • JCBこども応援基金

JCB法人カード(一般カード)のサービスのメリットも多数

JCB法人カード(一般カード)には、多くのサービスが用意されています。

「会員専用WEBサービス」

「MyJCB」に登録をすると、カード利用代金明細の照会などがWEB上で可能となり、PDFのダウンロードも出来ます。

「JCB E-Co明細(イーコメイサイ)サービス」

利用した「ETCスルーカードN」の利用照会がWEB上で出来ます。

「ETCカードが複数枚発行できる」

1枚のJCB法人カードで、「ETC専用ICカード」を発行する事が出来ます。社長として、社員にクレジットカードは渡したくないけど、営業先への移動で高速道路に乗ることが多い場合、ETCカードが複数枚発行できるのは便利ですね。

「チケットレス国内出張」

法人精算方式のチケットレスサービスで、PCから簡単に航空券の予約が出来ます。

「じゃらんコーポレートサービス」

じゃらんnetで提供している宿泊施設情報、宿泊プランの他、通常の宿泊プランよりもさらに安価な限定プランを提供してくれます。出張の時などは重宝しますね。

「アスクルサービス」

事務用品、OA・PC用品からドリンク、オフィス家具などの仕事場の必需品をFAXまたはインターネットで注文出来ます。

「福利厚生倶楽部」

保養所・スポーツクラブの利用から、スキルアップのための資格取得や育児サポートなど、全国で福利厚生サービスを格安料金で提供しています。JCBブランドならではのさーびすですね。

「JCBでe安心」制度でネットショッピングも安心に使用可能

「JCBでe安心」とは、インターネットショッピングでご利用になった覚えのない請求があった場合や不正利用が発覚した際に状況調査のうえ適用条件に基づき、請求を取り消しすることができるサービスです。対象は下記の3つになります。

  • インターネットショッピング
  • 電話・プロバイダー料金
  • 電話・FAXによる通信販売

不正利用が認められた場合に被害額を補償してくれます。万が一見に覚えの無い請求があった場合には、カード会社へ連絡をしましょう。

「不正検知システム」

不正検知システムを用いてカード取引ごとに不正リスクのスコアリングを実施し、不審なカード取引がないかを早期に検知します。直近の不正使用の傾向と似ている場合には、カードの取引を保留する場合があります。

「カード利用状況確認のご連絡」

第三者による不正利用の可能性を検知した場合に、電話やメールにてカードの利用内容を確認する連絡が届きます。

付帯保険も充実

海外旅行保険

死亡・後遺傷害:最高3,000万円
傷害治療費用:1回に付き100万円限度
疾病治療費用:1回に付き100万円限度
救援者費用:1回に付き100万円限度
賠償責任:1回に付き2,000万円限度
携行品損害:1旅行中20万円限度

国内旅行保険

死亡・後遺傷害:最高3,000万円

ショッピング保険

最高100万円海外のみ(自己負担1回10,000円)

JCB法人カード(一般カード)まとめ

JCB法人カード(一般カード)

JCB法人カードは持つことで、様々な恩恵を受けることができる貴重なクレジットカードと言えるのではないでしょうか。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます