個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

ライフカードビジネスライトをメリット、デメリット総まとめ解説!

ライフカードビジネスライトをメリット、デメリット総まとめ解説!

公開日:2018年06月05日
最終更新日:2018年06月05日
168 views

ライフカードビジネスライト(スタンダード)のメリット・デメリットをまとめました。魅力的なところとして本人と追加カードの両方が年会費無料の法人カードです。創業1年目や、なりたての個人事業主でも持つことが可能で、コストをかけたくない人には最適の法人カードとなっています。

ライフカードビジネスライト

メリット

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、ライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。
ライフカードビジネスライトの特徴は、年会費が無料な点、また、本人だけでなく、追加カードまで年会費無料なのはとても珍しいカードです。さらにETCカードも無料となっています。

年会費無料で法人カードを作りたい人や、創業したてで法人カードの審査が不安な人におすすめの1枚になっています。

付帯サービス

上記の通り無料で作れる他、無料にもかかわらず付帯サービスは充実しています。

  • クラウド会計freee(フリー)
    freeeのアカウント作成後、標準プランを申し込んだ場合、2ヶ月間の無料期間がもらえます。
  • 弁護士無料サービス
    電話または面談による法律相談を1時間無料で利用できます。起業したての頃には重宝するサービスです。
  • カーシェアリング「タイムズカープラス」
    タイムズカープラスを会員特別優待サービスとして利用できますのでちょっとした外出などで利用するにはうってつけです。
  • 福利厚生サービス「ベネフィット・ステーション」
    社員の方々にもカードを持たせることで、全国のホテル、旅館、スポーツジム、映画館など、毎日使えるお得な優待サービスを利用できます。
  • 海外アシスタンスサービス「LIFE DESK」
    会員専用の海外日本語サービス窓口で、海外旅行の情報収集、ホテル・レストラン等の予約、カードの紛失・盗難時の手続き案内、病気やケガの時の病院の紹介・手配などでサポートしてくれます。
  • 旅行サービス「リロの旅デスク」
    国内・海外ツアーが最大8%OFFで利用できます。
  • Mastercard優待サービス
    Mastercardを選んだ場合のみ付帯します。
    Mastercardのビジネス・アシストサービスが利用可能です。
  • Visa優待サービス
    VISAを選んだ場合のみ付帯します。Visaビジネスオファー:ホテル宿泊、オフィスサプライ、レンタル会議室などをお得に利用できます。Visaビジネスグルメオファー:全国の厳選レストランを特典付きで予約できます

デメリット

クレジットカードを使ってもポイントがつかない点や、付帯保険が無い点です。国内旅行保険やその他サービスが必要な場合は、別途カードを所有することをおススメします。

まとめ

ライフカードビジネスライト(スタンダード)は、本カードも追加カードも年会費無料の法人カードです。法人カードで年会費無料のカードは珍しいですが、さらに追加カードやETCカードの年会費も無料になっています。

ただポイントプログラムは無く、付帯保険もありません。ポイントが付くよりも年会費無料の方が良い人や、サービスや保険は他で対応できるという人であれば、このライフカードビジネスライトはピッタリです。

創業したての法人や開業直後の個人事業主でも申し込めまることもメリットです。決算書などの書類も不要で、本人確認資料のみでOKなのもうれしい一つです。

ライフカードビジネスライト

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます