個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

【MUFGカード ビジネス】三菱UFJニコス法人カードを解説

公開日:2019年08月14日
最終更新日:2019年08月21日
49 views

三菱UFJニコスの法人カードには2種類あります。一般カードとMUFGカード ゴールドプレステージ ビジネス。

今回は、一般カードとゴールドプレステージ ビジネスの違いや特徴などを解説します。

 

国際ブランドVISAとMastercard両方持てる

MUFGカード ビジネスは国際ブランドをVISAとMastercardから選べます。大抵の場合、どちらかしか作れませんが、MUFGカード ビジネスは年会費に料金をプラスすれば両方作れます。追加カードが必要な場合、発行枚数は無制限です。

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスは、年会費10,000円(税別)で両方持ちの場合は12,000円(税別)です。どちらか一方の追加カードであれば、1枚ごとに年会費2,000円(税別)、両方なら4,000円(税別)になります。

一般カードは年会費1,250円(税別)で両方持ちは1,500円(税別)。追加のカードは1枚ごとに1,250円(税別)プラスになります。

 

法人ETCカード発行は実質無制限

MUFGカード ビジネスは法人ETCカードも発行できます。法人カード1枚につき、1枚の発行となり、追加カードは年会費を払えば無制限に発行できます。

法人ETCカードの年会費は無料ですが、一般カードでの法人ETCカード発行は発行手数料として1枚につい1,000円必要です。

 

利用限度額の違い

一般カードは40~80万円で、追加カードを含めた合算額になるので、低めの設定と言えるでしょう。

ゴールドプレステージ ビジネスは、100万~300万円です。

注意したいのは、どちらも分割払いやリボ払いには対応していないので、そのことも加味した上で、一般カードかゴールドプレステージ ビジネスにするか検討しましょう。

 

厳しい審査基準

三菱UFJニコスの法人カードは審査基準が高めです。原則として申請できるのは、「黒字決算の個人事業主や法人」のみとなっています。

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスになると、さらに基準が厳しくなり「業歴3年以上、2期連続黒字決算の法人または個人事業主」となります。MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスを手にするには、非常にハードルが高く、審査が厳しいカードといえるでしょう。

 

タクシーチケットの手配ができる

MUFGカード ビジネスの大きな特徴と言えるのが、タクシーチケットの手配ができること。タクシーチケットがあれば、接待時に相手に現金を渡すことなく、チケットでスマートに済ませられます。また、経費で落とすことができます。

タクシーチケットを手配するには、会員サイトで申込をし、約1週間後に手元に届く流れです。タクシーチケットの利用分は、カード明細書に載ります。

 

年間利用額に応じた、お得なポイント還元率

MUFGカード ビジネスのポイント還元率は0.5%と一般的です。ただ、前年度のカード利用実績によってポイント還元率がアップするプログラム「グローバルPLUS」があります。

「年間50万円以上100万円未満」と「年間100万円以上」の2つのステージがあり、一般カードとゴールドプレステージ ビジネスでアップ率が異なります。

一般カードは、年間50万円以上100万円未満は10%、年間100万円以上だと20%のポイントアップ率。

対して、ゴールドプレステージ ビジネスは年間50万円以上100万円未満は20%、年間100万円以上になると50%のポイントアップ率です。

 

アニバーサリーポイントでポイント2倍

ゴールドプレステージ ビジネスでな、指定した月にポイントが2倍になる「アニバーサリーポイント」の特典があります。

決算額が多い月をアニバーサリーポイントの指定月にするのがおすすめです。

 

「Point名人.com」利用でポイントアップ

三菱UFJニコスが運営しているサイト「Point名人.com」を経由して買い物をすると、ポイントが2~25倍付与されます。Amazonや楽天、Yahoo!ショッピングなど大手のショップが登録されているので、ポイントを効率よく貯めるにはこちらを必ず経由する習慣をつけましょう。

 

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスのみの特典

国内空港ラウンジ利用

主に国内空港になりますが、ゴールドプレステージ ビジネスと航空券の提示で所定の空港ラウンジを利用できます。

 

海外旅行傷害保険

自動付帯で海外旅行傷害保険が付いています。別で保険に入らなくてもカードを持っているだけで、最高5,000万円まで補償されます。またケガや病気で入院した際も300万円までの補償が付いています。海外に出張が多い人には安心です。

 

三菱UFJニコスの法人カードの解説をしてきました。

一般カードは年会費が安い分、利用限度額が低く、特典も限られているので、ビジネスを始めたばかりの方にオススメの法人カードです。

一方、MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスは、審査基準が厳しくハードルが高いカードと言えますが、特典が充実しています。誰でも持てるカードではないということを意味しています。

どちらのカードを持つべきなのか内容を把握した上で検討して申し込みしましょう。

 

MUFGカード ゴールドプレステージ ビジネスの申し込みはこちら

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます