個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

三井住友カードの『三井住友ビジネスカード for Owners』は決算書や登記簿謄本の提出不要で作れる、経営者向けカード

三井住友カードの『三井住友ビジネスカード for Owners』は決算書や登記簿謄本の提出不要で作れる、経営者向けカード

公開日:2018年05月11日
最終更新日:2018年05月11日
301 views

2017年5月15日に発行開始された個人事業主や株式会社経営者を対象としたビジネスカード『三井住友ビジネスカード for Owners(フォー・オーナーズ)』は大人気のクレジットカードです。その理由の一つとして決算書や登記簿謄本の提出不要で作れる、経営者向けカードだからです。今回は『三井住友ビジネスカード for Owners』について解説してまいります。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴は個人の信用力だけで作れるビジネスカードということ

三井住友ビジネスカード for Ownersの券面
クラシック ゴールド プラチナ
三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの券面 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドの券面 三井住友ビジネスカード for Owners プラチナの券面

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴はなんといっても、決算書や登記簿謄本の提出不要で作れるビジネスカードであるということ。

会社や個人事業の信用力ではなく会社経営者や個人事業主本人の信用力で作ることが出来るカードなので、個人事業を立ち上げたばかりの方や、赤字決算などで業績不振に悩む企業経営者の方にとって審査が通る見込みが高く、最適だと言えます。

通常の法人カードの会社業績で発行可否が決まります。三井住友ビジネスカード for Ownersの場合、申込者(経営者や個人事業主)本人の信用力で作れる仕組みになっています。

個人の信用力はもちろん必要です

もちろんいくら会社業績などは関係なしに作れるクレジットカードだったとしても、申込者自身の信用力が低い場合には作れません。

例えばすでにキャッシングを利用限度額一杯まで利用してしまっていたり、カード会社への返済が滞っている…という経営者だと三井住友カード for Ownersを入手することは難しいですが、逆にいえばそれ以外の方であれば問題なく申込OKなビジネスカードであるということです。

前述のように個人事業主になった直後でも入手できるカードでもあるので、これから事業をやりくりしていく上でクレジットカードが必要ならこのカードを検討してもいいと言えます。

ゴールドカードやプラチナカードも存在

また、三井住友ビジネスカード for Ownersには、年会費の安いクラシックカード以外にゴールドカードやプラチナカードも用意されています。

ゴールド プラチナ
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドの券面 三井住友ビジネスカード for Owners プラチナの券面

さすがに事業者向けのクレジットカードといえども、人前で使う時にノーマルカードではちょっとカッコ悪い…という40代、50代、60代の方は、これらのハイステータスなクレジットカードを作っておくといいかもしれません。

特に三井住友ビジネスプラチナカードについては無料コンシェルジュサービスや最高1億円の海外旅行傷害保険付帯など、事業者にとって使えるサービスが豊富に備わっている+見た目もゴージャスなので、1枚あると経営効率の向上に一役買います。

個人事業主として収入が少なくても

事業を始めたばかりのフリーランスや店舗経営者などの個人事業主というのは収入が少ない状態。

三井住友ビジネスカード for Ownersは個人事業主を対象としたクレジットカードであるため、年収が仮に低かったとしても経営年数などを参考に審査に突破できる可能性ありまる。「他社では審査に落ちてしまった…」という方や、「年収0円じゃ申し込めないんじゃないか?」という方もこのカードを申し込んでみることで取得が可能な場合もあるようです。

Apple Payにも対応

三井住友ビジネスカード for OwnersはiPhone版のおサイフケータイ機能とも言えるApple Payにも対応しています。

コンビニや飲食店、スーパーマーケットといった場所でスムーズに支払い可能になるので、仕事効率を求める経営者の方にもおすすめです!

三井住友ビジネスカード for Ownersまとめ

『三井住友ビジネスカード for Owners(フォー・オーナーズ)』は決算書や登記簿謄本の提出不要で作れる、経営者向けカードです。会社の経営状況や個人事業主としての業績などに影響されないカードのため、審査は申込者自身の信用になります。

上位のゴールド、プラチナになると付帯サービスも豊富ですので、申し込みしてみる検討のカードの1枚と言えます。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの券面 三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドの券面 三井住友ビジネスカード for Owners プラチナの券面

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます