個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力を解説!

公開日:2018年09月19日
最終更新日:2018年11月07日
982 views

ステータス性と付帯サービスの充実など、法人クレジットカードでは人気が高いカード。設立初年度からでも取得しやすいのも理由の一つです。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力を詳しくみていきましょう。

設立初年度からでも取得しやすい

一般的に法人のクレジットカードは、「設立3年黒字2期連続」が審査をパスする基準といわれています。そのような中、アメックスは、初年度から審査をパスするケースがほとんどです。

申込みから発行まではやく、2週間ほどでクレジットカードが手元に届きます。

ステータス性の高さ

アメックスというと「アメックス・センチュリオン」が有名ですね。年会費は350,000円(税抜き)と高額ですが、ヘリコプターやフェラーリを一括決済できるとのうわさがあります。
そんなことも関係しているのか、「アメックス=ステータス」のイメージが持たれているのは間違いないです。実際、アメックスを持っている方には、経営者や医師、弁護士、会社役員などが多いのではないでしょうか。
ステータス性が高いことで知られるアメックスカードを設立1年目からでも取得できるのは、とても魅力ですね。

アメックスは、使えるお店が少ないとの声を聞くこともありますが、それは昔のこと。
現在アメックスはJCBと提携しているので、JCBが使えるお店ならほぼアメックスも使えます。
アメックスの対抗馬として知られるダイナースクラブカードは、使えないお店が結構あります。また、インターネット決済は弱いようです。

帝国ホテルの会員専用ビジネスラウンジ「ミーティング・スクエア」

帝国ホテル内にある、アメックス・ビジネス・カード会員専用ビジネスラウンジを利用できます。利用するには月会費20,000円(税抜き)が必要になりますが、利用ごとの料金は発生しません。また、同伴者1名まで無料で利用できます。
帝国ホテルのビジネスラウンジを得意先との打ち合わせ場所として利用するのも、ステータス性を感じます。また、外出時にビジネスラウンジで仕事をするのも手です。

最高ランクの付帯サービス

アメックスは旅行(Travel)と娯楽(Entertainment)に強いことで有名で、「T&E系カード」と呼ばれています。旅行と娯楽に強い付帯サービスにはどんなものがあるでしょう。

国内外旅行傷害保険
キャンセル・プロテクション
オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
ショッピング・プロテクション

国内外旅行傷害保険

海外・国内ともに旅先での万が一を補償してくれる保険です。

海外旅行保険は自動付帯。カード決済をしなくても、持っているだけで付いてきます。
補償内容は、傷害による死亡・後遺障害は5,000万円、救援費用300万円、賠償責任4,000万円など。
配偶者及び生計を共にする子供や両親は利用付帯で適用されます。補償額は、傷害による死亡・後遺障害1,000万円と会員本人より少なくなります。それ以外は会員本人の自動付帯と同じです。

国内旅行傷害保険は、利用付帯になります。障害による死亡・後遺障害が5,000万円でかぞくは最高1,000万円です。

キャンセル・プロテクション

会員本人や家族が予約していたチケットなど、事情によりキャンセルをした場合、キャンセル費用などの損害を補償します。

オンライン・プロテクション

インターネット上で不正カード使用による損害を全額アメックスが補償するサービス。インターネット上で決済することが多い方には頼もしい補償です。

リターン・プロテクション

カードで購入した商品を返品するときの補償です。購入した店が返品を受け付けない場合、全額をアメックスが払い戻ししてくれます。条件は、購入日から90日以内、1商品最高3万円相当額まで、年間最高15万円相当額までとなります。

ショッピング・プロテクション

破損・盗難などの損害を補償してくれます。購入日から90日間、1人年間最高500万円まで。国内・海外とも適用されます。(免責金額は1事故につき1万円)

空港で利用できるサービス

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの空港で使える付帯サービスは、大きな魅力といえます。ゴールド・カード定番の空港ラウンジサービスのほかに、手荷物無料宅配サービスや空港クロークサービス、無料ポーターサービスなどの特典がそろっています。

空港ラウンジ

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードをラウンジで提示すると無料で利用できるサービス。国内28空港とハワイ・ホノルル、韓国・仁川で利用できます。さらに、同伴者1名まで無料になります。ちなみに、他社のカードはカード所持者1名無料で同伴者は有料です。

手荷物無料宅配サービス

海外に出発時・帰国時に手荷物を無料で宅配してくれるサービスです。出発時は自宅などから空港まで、帰国時は空港から希望の住所までスーツケース1個を無料で配送してくれます。

条件

出発時利用は、出発7日前までに予約
出発時に空港で荷物を引き取る際は、宅配票・搭乗券または予約確認書・アメックス・ビジネス・ゴールド・カードの3点を提示
帰国時利用は、搭乗券・アメックス・ビジネス・ゴールド・カードを提示
スーツケース以外の手荷物(スノーボード、ゴルフバッグなど)は、縦横高さ3辺の合計が120cmまで重量が20㎏以内のものに限る

無料ポーターサービス

専任スタッフが荷物を運んでくれるサービスです。
出発時は、空港の駅改札口やバス停からチェックインカウンターまで。
帰国時は、到着ロビーから駅改札口やバス停まで。
対応空港は、成田国際空港、関西国際空港です。

エアポート・ミール・クーポン 別名「アメックス定食」

メンバーシップ・トラベル・サービス経由でJALおよびANA(グループ会社含)の羽田/伊丹空港発国内線航空券を購入すると、搭乗日当日に使える1,000円相当の食事クーポンがもらえます。羽田空港・伊丹空港内の飲食店で使える「アメックス定食」といわれるものです。

エアポート送迎サービス

海外に出発時・帰国時に、タクシーでの送迎を格安定額料金で利用できるサービスです。提携タクシー会社は、MKグループ。東京23区から成田国際空港まで定額10,000円、横浜からは15,000円。大阪市内から関西国際空港まで定額5,000円、神戸からは10,000円。名古屋から中部国際空港までは定額5,000円です。

手荷物宅配サービス

東京駅から東京23区内の宿泊先に手荷物を1個無料で当日配送してくれるサービスです。
東京駅構内の佐川急便カウンターで預けます。いつでも受け付けてもらえるわけではなく、当日保配送は原則午前11時まで。その時間外は、翌日以降の配送になります。また、東京23区内のホテル以外に配送の場合は有料です。
このサービスは、新幹線などで東京駅に着いたら、その足でスーツケースを預け、出張先に出向くなどに利用すると便利。宿泊するホテルに手荷物を預ける手間が省けます。

手荷物は2個以上になると別途料金が発生します。3辺の合計140cm以内、重量20㎏以内。スーツケース、ボストンバッグ、ゴルフバッグはそれを超えるサイズも可能です。

国内空港機遅延費用補償

アメックス・ビジネス・ゴールド・カードで航空券を購入した場合、搭乗予定の便に遅延や手荷物紛失があった時に補償されます。

乗継遅延費用

乗継地点までの飛行機が遅延し、乗継便に搭乗できなかった場合の補償。到着便の実際の到着時刻から4時間以内に代替便に搭乗できなかった場合、宿泊料金や食事代として最高2万円まで補償されます。

出航遅延・欠航・搭乗不能費用

搭乗予定の飛行機が、予定時刻から4時間以上の遅延、欠航などで搭乗できず、出航予定時刻から4時間以内に代替機に搭乗できなかった場合、食事代として最高2万円まで補償されます。

受託手荷物遅延

搭乗時に預けた手荷物が遅れた時の補償。飛行機が目的地に到着してから6時間以内に預けた手荷物が目的地に運搬されなかった場合、目的地で購入した衣類などの必需品の購入費として最高2万円まで補償されます。

受託手荷物紛失

搭乗時に預けた手荷物が紛失してしまった時の補償。飛行機が目的地に到着してから48時間以内に、預けた手荷物が目的地に運ばれなかった場合、紛失とみなし、到着後96時間以内に目的地で購入した衣類や必需品の購入費として最高4万円まで補償されます。

なお保険適用には、公共交通機関のチケット、パッケージツアーをアメックス・ビジネス・ゴールド・カードで支払ったことの証明が必要になるので、カード利用控えは保管しておきましょう。

レストラン予約サポート「ビジネス・ダイニングbyぐるなび」

接待や会食時のレストラン予約をサポートしてくれるサービスです。希望するエリア、予算、人数などを伝えるとふさわしいお店を提案してくれます。
年5回以上利用すると、抽選で手土産のプレゼントもあり。無料で利用できます。

アメリカン・エキスプレスJALオンライン

JAL国内線航空券を優待賃金で購入できるサービス。航空券の購入履歴は自動レポート化してくれるので、経理業務の軽減効果もあります。
アメリカン・エキスプレスJALオンラインは、無料の事前登録が必要になります。無料登録すると、JAL国内線ラウンジ「サクララウンジ」を無料で1回利用できるクーポンがプレゼント。サクララウンジは、軽食や飲み物やマッサージサービスが無料で利用でき、待ち時間を快適に過ごせます。
さらに、4月~9月・10月~3月の期間で10回の飛行機登場で、サクララウンジ無料利用クーポンを5回分プレゼント。また、30回以上の搭乗になると国内有名テーマパークのチケットがプレゼントされます。
国内出張が多く、JALを利用する方は、メリットが大きいですね。

「クラブオフ」VIPメンバー

クラブオフは法人向け会員制クラブ。割引された会員価格でサービスが受けられます。内容は、国内ホテル・旅館、海外ホテル、レンタカー、ホテル内のディナー、貸会議室などさまざまなジャンルのサービスを受けられます。
通常クラブオフVIP会員は月会費500円(年間6,000円)必要ですが、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは付帯サービスになっていて無料です。

検索サービス「ジーサーチ」

年会費無料で利用できるビジネスデータベースサービスです。ジーサーチで検索できるのは、帝国データバンクや東京商工リサーチなどに登録されている全国142万社の企業情報、過去25年分の新聞記事や雑誌記事、特許情報や科学技術情報についてです。

ビジネス・カード会員限定イベント

各界のトップや著名人をゲストに迎えて、アメックス・ビジネス・カードの会員限定イベントです。

ポイントプログラム「メンバーシップ・リワード」

アメックスのポイントプログラムです。100円=1ポイント貯まり、10,000ポイントで5,000円分の各種クーポンと交換可能です。ポイント還元率は0.5%で効率が良くありませんが、マイルに交換するのがおすすめ。提携航空会社は14社にのぼります。

ANA、チャイナエアライン、デルタ航空、ヴァージン・アトランティック航空、タイ国際航空、キャセイパシフィック航空、シンガポール航空、ブリティッシュ・エアウェイズ、スカンジナビア航空、アリタリア航空、フィンランド航空、中国南方航空、エティアド航空、エミレーツ航空

マイルに移行することを前提にするなら、「メンバーシップ・リワード・プラス」に加入しましょう。登録すると、1,000ポイント=1,000マイルで、未登録の場合は2,000ポイントで1,000マイルとなるのでポイント価値が2倍違ってきます。
メンバーシップ・リワード・プラスは年会費3,150円が必要ですが、マイルに行くする予定がない年は加入する必要はなしです。

注意が必要なのが、「ANAマイレージクラブ」のポイント移行です。「メンバーシップ・リワード・ANAコース」参加費年間5,000円(税別)が必要になり、上限が80,000マイル/年間(1月~12月)になります。

ホテルグループのポイントも移行できる

マイルと同じくらいお得なポイント移行です。M,br>ヒルトン・ワールドワイド、スターウッドホテル&リゾートのポイントに移行できます。
メンバーシップ・リワード・プラスが加入の条件になりますが、
1,000ポイント=1,250Hオナーズ・ポイント
1,000ポイント=330スター・ポイントです。
貯めたホテルポイントは無料宿泊券などと交換できます。

ポイントを貯める裏技「デポジット機能」

限度額以上の決済をしたい時に、前もって差額分をアメックスの口座に振り込んでおくと、その時に限り限度額が入金した分プラスされます。
それだけでなく、ポイントもその決済金額分付くのでかなりお得になります。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの魅力をあげてきました。
補償関連の充実や、豊富な特典、ポイントプログラムの柔軟性がわかりますね。
年会費は31,000円(税別)と高めですが、使いこなせば年会費以上のメリットはあるのではないでしょうか。また、法人クレジットカードの年会費は経費として計上できます。
これだけのメリットがあって、設立間もない法人経営者や個人事業主が持てるとなれば、どこの法人カードを作ろうか考えている人にはおすすめです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます