個人起業.net|個人事業主・起業に必要なことなど体験記をまとめました。

副業、兼業からの起業が注目されている!どうして!?

起業アイディアの発想を習得して形にする方法

公開日:2020年06月25日
最終更新日:2020年06月25日
112 views

昨今、終身雇用という概念も失われつつあり、「起業」が注目されています。起業したいと考えている人も多いのではないでしょうか。そこでこれから起業を考えている人に向けて、起業アイディアを発想する方法や、起業するにあたって大切にするべきことをお伝えします。

起業とは

起業は、新しく事業を興すことを意味します。法人・個人問わずだれでもできることです。近年、働き方改革によって副業が解禁されました。その背景もあり、本業で得たスキルを活かした副業からはじめ、コンサル業や受託開発などを行う起業パターンが増えてきています。

起業のアイデア

起業にはとても興味があるけど、自分にできるビジネスモデルが思い浮かばず先に進めない…という方もいるのではないでしょうか。普段どんなことに目を向けたらいいのか、何を参考にしたらいいのか、起業のアイデアに繋がる発想ができるようになると、グッと現実味が増します。

日常に目を向ける

ビジネスのアイデアは、意外と身近なところに転がっているものです。例えば普段の生活の中で不便に思うことがあり、「こうだったらいいのに」と思うことはありませんか。そうした課題の裏側から、多くの人が抱えている悩みを見つけ、アイデアを得られるかもしれません。

あらゆるジャンルの本質を見極める

「同じ商品、同じサービスでも、Aは売れているのに、Bは売れていない」その違いは、その商品やサービス価値の違いです。その価値の本質を知ることで、消費者行動を分析し、消費者が求めているものを知ることができます。それぞれの価値の本質を見極めることで、既存の商品やサービスでは解決できない潜在的なニーズを掘り起こし、隠れている課題を解決するアイデアを見つけられるでしょう。

さらに深くアンテナを張る

起業のアイデアを発想しようといろいろなことを考えたとき、世の中便利で、不便なことはあまりないと感じるかもしれません。世の中便利にしていこうといろいろな企業が努力して改善してきたからなのです。その中で多くの人に受け入れられるサービスをつくるのは難しいでしょう。だからこそ、日常生活の中で表面だけではなく、さらに深くアンテナを張り、そこで見つけた課題を解決するアイデアを得ることで大きな価値を生むことができます。

好きなことや得意なことを追求する

自分の強みである、好きなことや得意なことをビジネスにするのも一つの手です。ほかの人から見て、あなたの好きなことや得意なことに「価値がある」と感じれば、お金を払います。とことん追求して、将来的に継続していけるビジネスにすることも可能です。

既存のサービスを真似る

「起業するために、新しいアイデアを考える」ということにこだわることはありません。世の中に存在する、成功している既存のサービスやビジネスを研究し、真似るということこあら始めるのも有効です。

世の中で求められていることを知る

起業するには、世の中で何を求められているのかをまず知る必要があります。副業として自分の持っているスキルを活かすことができれば、コストをかけずに求められていることに応えられます。その、今求められている世の中の仕事を知ることができる、クラウドソーシングはおすすめです。

クラウドワークス

日本最大級のクラウドソーシングサービス。200種類以上の仕事が登録され、幅広い内容の仕事を請けられます。

https://crowdworks.jp/

ココナラ

アイデアの宝庫ともいえるくらい、こんなことまでビジネスになるのかという仕事がそろっています。自身のダイエット成功体験をノウハウとして売る「ダイエットアドバイザー」や、美容師資格を持つ人が「似あう髪型を提案する」というものも。また「PRO認定制度」といった特定の分野のプロフェッショナルを認定して、質の高さをアピールできる制度もあります。

https://coconala.com/

レバテック

フリーランスのエンジニアやWebデザイナーが多く利用するクラウドソーシングサービスです。高単価の案件も多く、本業のスキルを活かして、プラスαのお金を稼げます。

https://levtech.jp/

シュフティ

比較的単価の低い案件が多く、データ入力やユーザーテスト、アンケート回答など主婦の方でも取り組みやすい案件が多く掲載されています。

https://app.shufti.jp/

注目度の高い起業アイデア

○○制作

アプリ開発、Web開発、またデザイン制作などIT系の技術は需要があります。受託で仕事を請け負い、副業とすることも可能です。クラウドソーシングサービスに大小さまざまな案件があるので、無理のないところで仕事を請け、徐々に顧客がついてきたら起業しましょう。

テイクアウト専門店

飲食店を始めたいと考えている人には、テイクアウト専門店はおすすめ。大きな間取りの場所を借りずに、初期費用を抑えて始められるからです。ある程度認知されてから、お店を構えるのも一つの方法といえます。

コンサルティング

本業である程度実績があれば、独立や副業としてコンサルティング業を展開することも可能です。中小企業数が減ってきている昨今、救済するコンサルティングを行えれば、社会貢献につながります。

教室を開く

得意なこと、専門性の高い技術を持っているなら、教室やセミナーを開きましょう。自分が持っているスキルを学びたい人たちに伝える事業を展開するのも、視野に入れておきたいビジネスモデルです。

シェアリングサービス

近年、サービスの形態が「所有」から「共有」に変化してきています。AirbnbやUberといったシェアリングサービスがすでに有名です。現在、さまざまな分野でのシェアリングサービスが展開され始めているので、世の中で求められていることからアイデア化して参入してみては。

女性におすすめの起業アイデア

Webライター

文章を書くのが得意なら、すぐにでも始められるWebライター。クラウドソーシングサービスには様々な案件が掲載されています。興味のある分野から始めるのがおすすめです。

せどり

せどりとは商品を安く仕入れて高く販売することです。メルカリやヤフオクなどのフリマアプリになじみのある女性にはおすすめ。スマホだけで気軽に始められるのも見逃せないポイントです。

パワーポイント制作代行

パワーポイントを作成するのを得意としていれば、そのスキルを活かして起業も可能です。顧客のリクエストをもとにパワーポイントを作成し納品するので、自宅で作業が完結します。

ダイエットアドバイザー

栄養や運動の知識を持ち、やせるための食事方法や運動メニューをアドバイスできる人には最適な起業方法。SNSやブログで発信し、フォロワーをつければサービスを直接宣伝できるので、顧客も獲得しやすくなります。

結婚相談所

結婚希望者との面談を通じて、適切な候補者をマッチングさせるビジネスモデル。コミュニケーションスキルが要求される仕事でもあります。フランチャイズもありますので、ビジネス経験がなくても運用していくことが可能です。

アイデアを形にするポイント

アイデアを持っていたとしても、それを形にできなければ価値は生まれません。ではアイデアを形にするにはどうしたらよいのか、ポイントを紹介します。

価値の本質を見極める

起業をするなら、市場や競合を調査し、どんな価値を出せるのか考えることは必須です。調査した結果で得られた情報を幅広い視点で、社会構造の変化やユーザーの動向の変化を見極めます。

フレームワークにあてはめ、サービスの価値を言語化する

4P分析やSWOT分析といったマーケティングフレームワークを使って、サービスの価値を可視化してみましょう。あなたの持つアイデアの良い点や欠点に気づき、さらに精度の高いアイデアにすることができます。

市場調査をする

自分のアイデアの仮説を検証します。アンケートなどの定量的調査やインタビューといった定性的調査を行い、消費者の生の声をアイデアに反映させ、より質の高いビジネスモデルをつくりましょう。市場調査をする上で注意すべき点は、必要なサンプル数を実施することです。サンプル数が不足していると、偏った結果になるリスクもあり、正しく仮説が検証できません。

起業において大切なこと

「問い」と「答え」

起業において最も重要なのは「なぜ起業するのか」ということ。この問いに対するはっきりとした答えを出した上で、起業しましょう。アイデアを考えたり、収益化の仕組みを考えたりすることは大切なことですが、その前にしっかりと理由を見つけておくことが重要です。事業にはさまざまな困難がつきものです。最初の信念が弱いと、軸がブレて途中でくじけてしまう可能性があります。今一度、なぜ起業するのか、しっかり考えてみましょう。

自分らしさ

始めた事業がたとえ小さな収益しか生まないものだとしても、積み重ねていくことで大きな事業に発展していく可能性はじゅうぶんにあります。だからこそ自分自身の信念を信じて、突き進むことがとても大切なことです。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます